アパートは集合住宅として多くの人たちを収容しています。各自が独立してプライバシーを確保して、安心して入居ができる建物になっていなくてはなりません。防犯についてあまり無関心でいると、入居者が安心して住めないからという点での退居があったり、変な噂話を立てられたりして入居者に動揺を与えたりしてしまいます。その結果良質な入居者の確保も困難になってきてしまいます。また新しく入居する人にも、不安を与えてしまいます。アパート経営を上手に福岡で管理運営していくためには、安心して入居ができる体制を作ることが家主の仕事です。ですから防犯がしっかりしているアパートを建てることが望まれます。防犯上のいろいろな対策を立てて、様々な処置を行っていくことが大切になってきます。

アパート経営はまず防犯対策からです

防犯面の不安から入居者が退室してしまい、空き部屋になっているアパートが福岡にもあります。こんなことがないように家主は防犯面での対策を、常に心がけていなければなりません。そうすることがアパート経営の安定にもつながってきます。第一にやらなければならないことは、屋外を明るくすることです。防犯等の設置は明るいイメージを与えることができますので、アパートにとっては必要な項目になります。鍵一つでも安いものを作らず、退室者があれば新しいものを作るなどの心遣いが安心を与えますし、窓のかぎも二重にするなどが必要になってきます。家主は地区の防犯協会に加入して情報を得るとか、防犯連絡所などの表示など入居者の協力を得て防犯に対する日常の関心を、入居者に持たせることも重要なことになってきます。

共用部分もしっかり防犯対策をしましょう

防犯対策は個人の部屋ばかりではありません。むしろ共用部分の防犯対策が、むしろ重要になってきます。出入り口やエレベーターホール、廊下や階段駐車場は周囲からの見通しの良い場所に確保します。またこれらの場所は、照度を必ず確保してください。塀や柵、垣根などは周囲からの見通しが確保されない死角の原因にならないように設置しましょう。玄関の扉も破壊に強い材質のものを使用して、こじ開け防止のためにピッキングに強い鍵の設置や、補助鍵の設置また侵入防止に有効な構造で建築するようにしてください。オートロックシステムを使用したり、防犯カメラの設置なども有効です。これらの対策を施すことによって、退室者が減り空き部屋が少なくなった福岡家主も多くいます。アパート経営を安定させるために防犯対策はかならず行ってください。