アパートの建物は共同住宅の形態からいろいろな制約があり、それが賃貸契約書にも盛り込まれています。たとえば賃貸人の承諾なしに造作、改造、模様替え等をしてはいけないとか、貸室内において家畜を飼ってはならないとか、契約解除において原状に復し退去しなければならないなどです。いずれもトラブルの原因となりやすく、煩わしいものが多くなっています。いずれにしてもこれから福岡でアパート経営を考える場合に、同じタイプのものばかりではなく競争に打ち勝つとか、高額収入用とかバラエティーに富んだ賃貸住宅を考えていかなければなりません。今までのような規格化されたアパートに対して個性のあるもの、耐火構造で長期回収を図るものなどが、だんだんと定着し始めてきています。

制約を逆手に取ったり構造を変えてみたり

福岡に住んでいるアパート経営者は、制約を逆手にとって家畜を飼う人だけに入居させるなどの新機軸を打ち出して、喜ばれています。これも福岡のことですが、入居者の要望に応じて部屋の改装を行うとか入居に対しては、すべて新品同様にしてから貸すことを心がけています。もちろん退室するときはすべて元通りにして返還させることを契約書に明記して、礼金よりも保証金を多く預かる形式をとっています。これは高額収入者を対象にして、顧客のニーズにこたえているケースです。さらにアパートの内部を改装しやすい構造にしておき、需給関係の変化に対応できることを考えている経営者もいます。それぞれの経営者が特徴を持った経営を行っていて、空き部屋ができて収入が少なくならないような努力を行っています。

入居者はアパートに何を求めているか

世の中は大量生産の時代から顧客のニーズを重視した、多様化の時代に入ってきました。アパート経営も例外ではありません。立地条件を単に駅から何分などと画一的に考えるだけでは、ダメな時代になってきています。アパート経営を行うと決めた場合、その採算性を高めていくためにはいろいろな案を作り出して、事例研究を行うことが大変に重要なことになってきます。頭の中で考えて一つ一つ分析しながら試案をまとめていくと、新しい発見をすることができます。入居する人たちが何を考えてアパートに何を求めているのか、一つ一つ考えながら最適なアパートを作っていくことが大切です。形にとらわれない発想でいろいろなことにチャレンジしていくことで、経営をうまく軌道に乗せることが可能になってきます。